資金調達の方法

銀行からお金を借りるのが一般的

家を買うときには資金を調達する必要があります。資金調達方法としては、銀行のローンが一般的でしょう。この銀行からお金を借りるときには様々な壁を乗り越える必要があるのです。まず、資金を借りる資格があるかを証明する必要があります。定期的な収入があり、ローンを返せる見込みがあるかを銀行側に示すのです。サラリーマンであれば、勤めている会社や年収で判断されますし、自営業者であれば過去三年間の確定申告などで判断されます。全て銀行の基準に合っていたとしても、審査に通るとは限りません。そこで大事になってくるのが、保証人です。現役で働いている保証人がいないとローンを組めないこともあるので、注意することが大事です。

自己資金と親から借りる

資金調達で始めに考えるのが、自己資金でしょう。お金を貯めておいて、そこから家の購入資金を出します。これであれば、銀行からの借り入れがないので審査に通る必要がありません。しかし、自己資金だけで家を買うとなると、長く貯金を貯めるか高収入がないと貯められないでしょう。現実的な方法は自己資金と銀行のローンの組み合わせです。自己資金が多ければ、銀行からの借り入れが少なくなります。そのため、ローンを組みやすくなる特徴があります。もう一つあるのが、親からの借り入れです。親がお金を持っているのであれば、購入資金を借りるのは有益です。銀行で借りるよりも利子を低くすれば、返す借金の総額を減らすことが可能だからです。