家族の意見をまとめる

住む人の生活を優先させる

注文住宅を選ぶ大きなメリットは、家族のニーズに即した家を購入できることです。その点が建売住宅との大きな違いとも言えるでしょう。注文住宅の購入に際しては、住む人の生活を優先させることがポイントです。親戚や友人の来訪を意識した設計も大切ですが、その結果、家族の生活に不便をきたすと本末転倒かもしれません。住まいは家族にとって大切な生活拠点です。そのためにも、家族の意見をまとめたうえで設計に反映させましょう。

もちろん、住宅を設計するときは誰かが中心になる必要があります。しかし、家族全員の意見を聞き出すことで、思わぬ気付きがあるかもしれないのです。住宅を購入できる機会はそう何度もありません。やはり、家族一人ひとりが納得できる住空間をつくることが大切ではないでしょうか。

将来のことを考えた間取りも

住宅の間取りを考えるときは、リフォームができることも意識しましょう。現在、暮らす家族の生活に合わせた間取りが望ましいのは言うまでもありません。しかし、将来的には家から巣立つ人もいます。一方、新たに家族の一員になる人もでてくるでしょう。また、加齢にともなう不便さに配慮するためには、バリアフリー対策も見逃せません。

住宅を建てたときがベストの状態で、経年劣化は避けられない課題です。そのため、大々的なリフォームが必要なこともでてきます。もし、そうなった場合はもちろんのこと、プチリフォームで済む場合でも改修のしやすさを意識したいですよね。住宅を建ててから後悔しないためにも、家族でじっくり話し合うことをおすすめします。