建てたい家のコンセプト

住宅のコンセプトはどのように作り上げるか

注文住宅を建築する前の段階で、コンセプトを決めておく必要があります。コンセプトを決めなければ、いったい誰に住宅の建築を任せたらよいのかわからないからです。住宅の建築業者はさまざまありますが、それぞれ得意分野を持っています。そのため、コンセプトをあらかじめ明確にしておきそのコンセプトを実現してくれる業者を選ぶのが基本的な流れです。 ではどのようにコンセプトを決めたらよいかといえば、まず情報を手に入れるところから始めてみましょう。ふつう人間は、自分が今住んでいるところや勤めている会社、あるいは出入りしているお店などからしかリアルな情報を得ることができません。もしその中にこれといった判断材料がなければ、普段行かないような場所に行ってみることが大事です。例えば、住宅展示場などに行くと多くの刺激を受けるでしょう。これにより、不明確だったコンセプトが徐々に見えてくる可能性が高いです。

業者選びのコツを知っておこう

コンセプトが明確になれば、あとはそのコンセプトに合致する業者選びをする必要があります。例えば、間口が広い和風住宅を建築したい場合には和風住宅の建築を専門的に行っている業者から選ぶべきです。ただ、業者の中にもいろいろな特徴を持ったところがありますので、最終的にはそこからさらに1社に絞り込む作業が必要になります。

1社に絞り込むためには、いくつかの情報を集めて比較することが重要です。比較する場合は、金額に注目してしまうことが多いですが金額だけでなくセールスマンの態度や話し方なども参考にする必要があります。セールスマンはその会社の顔になりますので、話し方や態度を見ればしっかりした業者かどうかが明確になります。