設備や間取りの情報を収集する

生活動線やコミュニケーションを考慮した間取り

注文住宅を作るとき、必要な数の部屋さえあれば住みやすくなると考えるかもしれません。できるだけ部屋を多くして廊下側に扉を取付ければ一応はそれぞれの部屋の行き来もできそうです。しかし家事を考えると生活動線を考慮した間取りにした方が良く、朝の忙しい時にいろいろな家事ができる部屋の位置や扉の位置になるよう決めた方がいいでしょう。その他家族のコミュニケーションを考慮した間取りもあります。子供がいるときには親子が自然にコミュニケーションができるよう考えてみましょう。家族が集まるリビングを住宅の中心にすれば、コミュニケーションが取りやすくなります。1階から2階にいる子供の様子が確認しやすい間取りにするのも良いかも知れません。

メーカーやサイズを考えて設備を選ぶ

注文住宅においては水回りなどの設備を一から選べるので、キッチンを豪華にもできますしお風呂場に特別な装置を取り付けるなども可能になります。それぞれの設備に関しては提供するメーカーがあり、メーカーによって付いている機能が異なります。まずはその設備を提供するメーカーからパンフレットを集めたりショールームに行くなどして、より使いやすい設備を選ぶようにしましょう。設備を選ぶときの注意としてサイズの問題があります。いくら入れたい設備があっても目的の場所にそのスペースが無ければ設置ができません。さらに家族の身長などによる使い勝手もあるので、キッチンの高さや洗面台の高さなどは使いやすいサイズを調べておく必要があるでしょう。